クイズで確認!WebLogic Serverのデータソース徹底活用

WebLogic勉強会 通信

WebLogic Serverファンの皆様、こんにちは、WebLogic Server勉強会通信です。

2月20日に開催された「第33回WebLogic Server勉強会@東京」の後半のセッション「クイズで確認!WebLogic Serverのデータソース徹底活用」セッションをレポートします。データソースの設定に関するクイズと解答をまとめました。前回の「WebLogic Serverとデータベース接続の基礎から応用」セッションの関連部分の復習を兼ねてデータソース関連の性能や信頼性のポイントを解説します。(日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 佐々木 政和)

プロジェクトの環境説明

あるWebアプリケーションのプロジェクトでデータソースの環境設定を行っています。ドメイン構成および各設定パラメータは下記の図、表のように設定されています。

ドメイン構成


データソースの設定

問題1

MyDataSourceのモニタ結果をあらわしているのは a. と b. のどちらですか?また、それぞれのモニタ結果について説明して下さい。モニター結果のグラフで使用されている値は「WebLogic Serverとデータベース接続の基礎から応用」セッションの27ページのMBean属性を参照ください。

モニター結果a



モニター結果b



解答


MyDataSourceはb.が正解です。
a.は現在の容量が大きく設定されている(=初期容量が大きい)ため、アクティブ接続数が増加しても接続待ちは発生していません。 接続プールの容量を効果的に使っていると考えられます。
b.はmyDataSourceの初期容量が1(最小容量は1)のために負荷量の増大に伴い容量が増加しています。 現在の容量が負荷に応じて増えていきますが、負荷が大きい�����態では接続待ちが発生しています。 接続プールの容量が増加量と負荷量が合致しないため、この状況では初期容量が不足していると考えられます。

問題2

次の状況 a.と b. についてアプリケーションの実行結果とデータソースの振る舞いを説明して下さい。

問題a. データベースがダウンした状態でwebappにアクセスした

問題b. データベースが再起動した後でwebappにアクセスした

解答a

アプリケーションでは例外(SQLException)が発生します。テスト頻度(120秒)が経過すると接続テストによって データソースが無効化されます。(ResourceDisabledException) データベースとの接続が回復するとデータソースは自動的に有効化されます。

解答b

アプリケーションでは例外(SQLException)が発生します。テスト頻度(120秒)が経過すると接続テストによって接続が再作成 されます。この間データソースのステータスは有効なままです。

まとめ

今回のクイズはいかがでしたか?当日の勉強会ではグループ別にチームを作って問題に取り組んでいただきました。問題1はすべてのチームで解答発表の手が上がりました。問題2はちょっと難問でした。複数手が挙がった問題は、発表チームをじゃんけんで選ばせていただきました。発表いただいたチーム代表の方、ありがとうございました。プレゼントさせていただいたJava EE 6本をご活用ください。各チームはほとんど初めて会った方同士の即席チームでしたが、解答を導き出す過程を通じて「WebLogic Serverの繋がり」のきっかけになれば幸いです。次回のWebLogic Server勉強会もお楽しみに。