MAR 2015 – EMEA JD Edwards Partner Community News

MARCH 2015:

----

#2 (MAR 4): Oracle Sizing Process: A sizing questionnaire is uploaded to the community workspace and the Process you need to follow is described here. You need to be a member of the EMEA JD Edwards Partner Community to be able to download the questionnaire

---

#1 (MAR 3): How to join the EMEA JD Edwards Partner Community: In case you are not a member yet please join here. In (more...)

Patch Set Update: Hyperion Data Relationship Management 11.1.2.4.301

A Patch Set Update (PSU) for Oracle Hyperion Data Relationship Management (DRM) 11.1.2.4.x has been released.

This PSU is available from the My Oracle Support | Patches & Updates section.

Oracle Hyperion Data Relationship Management PSU 11.1.2.4.301
Patch 20513976

This is the first patch on the DRM 11.1.2.4.000 release and can be applied to the following releases of existing DRM installations:

MVC JSR SNAPSHOT builds

The MVC JSR (JSR 371) is progressing nicely. A key architectural decision was taken a few weeks ago: the MVC JSR will be based on JAX-RS. And since then, the Experts Group has started to publish SNAPSHOT builds :

If you want to lean more about the MVC JSR, make sure to bookmark this page where Manfred Riem (MVC co-spec lead) (more...)

Oracle Database In-Memory Advisor


Summary: This advisor identifies analytic workloads that will benefit from Oracle Database 12c In-Memory

Tell customers about the advisor and share the white paper to help upsell In-Memory.

Oracle Database In-Memory is designed to optimize analytical processing in the database. The In-Memory Advisor analyzes the analytical processing workload present in your database to determine an estimated benefit for the database as a whole if that analytical workload is optimized.

Share this best practices white (more...)

Oracle Database In-Memory Advisor


Summary: This advisor identifies analytic workloads that will benefit from Oracle Database 12c In-Memory

Tell customers about the advisor and share the white paper to help upsell In-Memory.

 

Oracle Database In-Memory is designed to optimize analytical processing in the database. The In-Memory Advisor analyzes the analytical processing workload present in your database to determine an estimated benefit for the database as a whole if that analytical workload is optimized.

Share this best practices (more...)

Oracle Public Cloud : Blogs dédié à Java dans le Cloud

Deux nouveaux blogs consacrés à Java dans le Cloud sont maintenant en ligne :

A ajouter aux favoris !

Primavera Unifierを知ろうシリーズ(その2):Unifier デリバリ管理

Primavera Unifierを知ろうシリーズ、その2です。

今回のテーマはデリバリのための支援機能です。 デリバリのための支援という言葉は日本語でしっくりくるものがないので、こう呼ばせていただきますが、主に以下のような管理を指します。

  • プロジェクト実行局面での、作業レベルの進捗の管理
  • 作業の依頼や指示と結果に対して、その途中経過も含めてステータスを表現
  • ワークフローに応じて、「誰がボールをもっているか」を明確に
  • 2者以上の間でやりとりされるファイル群と表紙(伝票)の紐付け
  • 公式・非公式を履歴を含めた全ファイルの格納

プラントの建設などで、発注企業がコントラクタと契約上毎週図面を提出するように指示されているのであれば、コントラクタは週次に図面ファイルを提出しなければなりません。コントラクタは今週分として提出するファイル(例:ファイルA001, A002,B031,B032,C050)以外に、これらのファイル名一覧を記載した伝票とともに発注企業へ送付することになります。

ここでの課題は、以下のようなものが考えられます。

  • 提出期限が守られているか。遅延していないか。
  • 適切なファイルが本当にきちんと送付されているのか。間違ったファイル、間違ったバージョン(班)が使われていないか。
  • 伝票のファイル一覧とファイルの実体に齟齬がないか。
  • 後から確認をうけたときに適切に説明できるか。(いつ誰が作成し、いつ誰が承認したか、など)
  • この一連の管理のための労力・負荷。
  • 指摘された内容が漏れていないか。

Unifierはこれらを支援するプラットフォームを提供します。

  • 伝票にあたるフォームの提供
  • フォームとファイルの実体のリンク付け(バージョンまで含めた)
  • ワークフローによるステータス管理
  • 全ての情報を保持しているため、説明責任を果たすのに有用
  • アラートなどによる遅延の予防
  • 授受に関する全ての必要なコメントを紐付けて保管

 

特に、企業間における「言った」「言わない」の記録を残す、というのも実行局面では大切なので、Unifierはその業務やファイルに関する全ての情報を残すことができます。コレスポンデンスなどがそれにあたります。つまり、コレスポンデンスのツール、という側面もあるのです。

プラント開発などでは、上記のようなシチュエーションが複数あるかと思います。これらに対して、以下のような機能を実装することが可能です。

  • コレスポンデンス
  • サブミッタル
  • RFI
  • トランスミッタル
  • 設計レビュー
  • 議事録
  • 日次/月次報告書
  • アクションアイテムの管理
  • インシデントレポート
  • 課題管理
  • 着工通知
  • 完工通知
  • パンチリスト

前回のシリーズその1では契約管理の話をしましたが、同じツールですから、「特定の契約に関わるベンダーとのトランスミッタル」というような紐付けも可能です。

単にコレスポンデンスのツールとして利用いただくこともできますし、様々な情報を関連づけて一元管理することによるメリットを出すことも可能です。

英語ですが、具体的な画面イメージやデモを交えたプレゼンテーション動画を見ることができます。(無料登録が必要ですが、すぐ済みます) 

次回は、Unifierの技術的な面に焦点をあててその優位性について見ていきたいと思います。

又有新的数据库中文文档添加到 My Oracle Support 中了! (2015年3月)

又有新的数据库中文文档添加到 My Oracle Support 中了!



最新翻译的文档列表:



Note 1985051.1 在 SLES 11 上安装 64位 Oracle Database 12.1 的要求

Note 1985005.1 如何将一个普通的非分区表进行分区

Note 1985042.1 在可插拔数据库上如何监控进程内存的使用

Note 1985032.1 11.2.0.4 上需要注意的 Performance 与 Wrong Results 问题

Note 1985045.1 SQL 版本数过高 – 原因判断脚本

Note 1984565.1 Software Patch Level 及 12C GI 的 OCR 备份/恢复

Note 1983660.1 Oracle Hang 管理器

Note 1602033.1 RACcheck - RAC 配置审计工具

crudini の Solaris へのインストール手順と使い方

はじめに

MySQL の my.conf や OpenStack の設定ファイルは [section] でセクションを指定し foo = bar でパラメータを設定する形式になっています。
これらのファイルはテキストエディタで簡単に編集出来ますが、変更箇所が多かったり編集対象のファイルの数が大量にある場合は、更新作業をスクリプトで自動化できると便利です。
crudini はそのような場合に役に立つコマンドです。

crudini は Python で実装されており、openstack-utils などで採用されています。
crudini の詳細は こちら をご覧ください。

この記事では crudini を Solaris 11 にインストールする手順と簡単な使い方をご説明します。

iniparse のインストール

crudini の実行には iniparse ライブラリが必要になりますので、あらかじめダウンロードしてインストールしておきます。

$ wget https://iniparse.googlecode.com/files/iniparse-0.4.tar.gz
$ tar zxf iniparse-0.4.tar.gz
$ cd iniparse-0.4
$ python setup.py install --user

--user オプションをつけて setup.py (more...)

Announcing Release 2.0.0 of Oracle VM Storage Connect Plug-in for Oracle ZFS Storage Appliance

Oracle ZFS Storage Appliance team released the new 2.0.0 version of the Oracle VM Storage Connect plug-in, which includes the following new features since the previous 1.0.3 release. 

  • iSCSI Multipathing – Presents multiple paths between a server and Oracle ZFS Storage Appliance.
  • Multiple initiator group management – Supports LUNs presenting to multiple initiator groups, and support initiator belonging to multiple initiator groups.
  • LUNs logging into specific target groups
  • Filtering LUNs (more...)

SOA Suite 12c Product Strategy Vide

Want to know all about SOA Suite 12c directions, cloud and API management? Watch this video from Vikas Anand, Simone Geib and Peter Belknap here.

clip_image002

SOA & BPM Partner Community

For regular information on Oracle SOA Suite become a member in the SOA & BPM Partner Community for registration please visit www.oracle.com/goto/emea/soa (OPN account required) If you need support with your account please contact the Oracle Partner Business Center.

Blog Twitter (more...)

Catching Up on Mobile By Carlos Chang


clip_image002There's a few things we should probably catch up on regarding Oracle Mobile Application Framework (MAF) that you may have missed or should revisit...

1. There's a new version of Oracle MAF. Version 2.0.1 has support for iOS 8, enterprise management and security enhancements, component enhancements and enhanced tooling support.  Joe Huang covers it in detail in here. Speaking of enhance tooling support, leads to #2.

2. If you haven't heard about (more...)

【動画公開】Oracle Business Intelligence Cloud Service概要説明の動画を公開!!!!

昨年10月にサービスの発表を行い、昨年末にグローバルでサービスを開始したOracle Business Intelligece Cloud Serviceのご説明内容を公開します。
「エンドユーザーによるアジャイル分析」、「セキュアなクラウドサービス」、「簡単な運用」を可能にし、海外では既に多くのユーザーでご利用いただいております。
ローリスク&ローコストでクイックスタート可能なBusiness Intelligence Cloud Serviceをぜひお試しください。

 3分間の説明動画はこちら

オンライン・トランザクション処理向け最新版「MySQL Cluster 7.4」一般提供開始

オラクルは、「MySQL Cluster 7.4」の一般提供開始を発表しました。1秒間に2億回の読み取り回数を誇るなど卓越したパフォーマンス、高可用性、高度な管理機能を提供する最新版は、通信、Web、モバイル、クラウド・サービスの厳しい要件に対応することができます。

MySQL Cluster 7.4

Oracle Exadata X5はハードウエアをインテリジェントにする~Oracle Database Leaders Clubレポート

国内外の多くの企業がメインフレームや汎用サーバーから垂直統合型システムへの移行を進める中、同システムの普及をけん引するオラクルのデータベースマシンに、最新版となる「Oracle Exadata X5」が登場。
Exadata X5はどこまで進化したのか?をくわしくご紹介します。

 詳細はこちらをご覧ください。

西川ゴム工業様、プライベート・クラウドの基盤として「Oracle Database Appliance」を導入~業績の最大化と継続的な成長を目指し、基幹系システムを再構築~

日本オラクル株式会社と株式会社アシスト様は、西川ゴム工業株式会社様がプライベート・クラウドの基盤にオラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」を導入したことを発表します。

 詳細はこちらをご覧ください。

コストを掛けずにDBの可用性を高めるには?Oracle Database Applianceの効果をディーコープ様に聞く

企業の「購買」にフォーカスした異色のコンサルティングサービスで業容を拡大するディーコープ様は、同社が展開するBtoB購買サービスを支えるデータベース基盤を「Oracle Database Appliance」で刷新。懸案だったBCP対応とパフォーマンスの問題を、初期投資を抑えつつ、従来と同様のランニングコストで解決した。同社はなぜOracle Database Applianceを選び、どのようなメリットを得たのか?導入の経緯と効果について、ディーコープ 情報システム本部 IT戦略部運用グループ マネジャーの佐藤大雅氏に聞いた。

 詳細はこちらをご覧ください。

Announcing Coherence for the Java Cloud Service

Today we are excited to announce a major product innovation - Oracle Coherence is now available as a feature of the Java Cloud Service (JCS). Effective immediately, users of JCS can use our cloud tooling to optionally set up Coherence within JCS.

Flexibility is a key part of the solution. You can either select an initial capacity for the Coherence data tier:

Or use the "Advanced" option to have full control over the number of virtual (more...)

2015年4月21日「Oracle WebCenter Content - トラブルシュートの第一歩」Webセミナーを開催

4月21日(火)16:00から、Oracle WebCenter Contentについてサポート部門発信のAdvisor Webcast(無償のWebセッション)を開催します。Oracle WebCenter Contentのトラブルシューティングに必要なログファイルと構成情報について、製品のディレクトリ構造とともに解説します。これらを理解することで、調査に必要な情報をスムーズに収集できるようになります。サポートにお問い合わせいただいたときの調査をより早く開始できるため、解決までの時間短縮につながります。所要時間は、短いデモンストレーション(予定)と質疑応答を含めて約1時間です。

Oracle WebCenter Content - トラブルシュートの第一歩

 アジェンダ(予定)
Arrow WebCenter Content環境のディレクトリ構造
Arrow ディレクトリ構造と構成情報・ログファイルの関係
Arrow ログ管理、構成管理上役立つ技術文書の紹介

 Advisor Webcastのメリット
Arrow My Oracle Supportにアクセスできる方でしたらどなたでも参加できます。
Arrow 講師は現役サポート・エンジニアです。
Arrow Webセミナーですので、皆様の自席から参加できます。
Arrow デモンストレーションで製品の操作をみることができます。
Arrow Q&Aの時間があり、講師に直接質問することができます。

Oracle WebCenter Contentを利用するシステム管理者、技術者にお勧めのセッションです。
皆様のご参加をお待ちしております。
参加ご登録は、こちらから行ってください。(My Oracle Supportへのログインが必要です。)

Welcome to the First Edition of The Cloud Front!

The purpose of The Cloud Front is to keep you abreast of the exciting work we're doing in taking Java to the cloud, in all its forms. Java in the cloud is a very large investment area for Oracle and we look forward to engaging with you regarding our innovations and work in this area. Please stay tuned, and we welcome your questions and feedback!

- The Java Cloud Service Product Management Team