Frühjahrspreissturz bei Arrow

Unser Value Added Distributor Arrow ECS lockt mit günstigen Frühlings-Angeboten
für Pa
rtner. Wer schon länger über eine notwendige Investition nachdenkt oder spontan entschlossen ist, sollte sich schnell die Frühjahrs-Special-Seite bei Arrow anschauen. Angeboten werden Oracle Komplettsysteme, bestehend aus Hardware und Software, konkret Oracle Sun Server X3-2 (more...)

Data Mining and Social Network Analysis Software on the NetBeans Platform

| May 28, 2013

AdvancedMiner Professional is developed by StatConsulting in Warsaw, Poland, on the NetBeans Platform. It is a modern and advanced analysis application that provides a wide range of tools for data transformations, construction of data mining models, advanced data analysis, and reporting.

AdvancedMiner SNA, where "SNA" stands for "social (more...)

Using Load Plan for managing your ETL task in BI Apps 11.1.1.7.1 (1)

| May 28, 2013

One of the major change introduced in BI Apps 11.1.1.7.1 is the way
how we manage the ETL task sequence and trim the unnecessary tasks.


This functionality was accomplished earlier using DAC.
 The problem we frequently faced was that the DAC repository and the
INFA repository are maintained as (more...)

Oracle SQL Profile Internals

| May 27, 2013

Black Box

The Dangers in Changing Default Character Sets on Tables

| May 27, 2013

The ALTER TABLE statement syntax is explained in the manual at:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/alter-table.html

To put it simply, there are two ways you can alter the table to use a new character set.

1. ALTER TABLE tablename DEFAULT CHARACTER SET utf8;

This will alter the table to use (more...)

Mehr Performance: Preloading von Tabellen in den Hauptspeicher

Tabellen und Indizes in den Cache zu laden, damit möglichst wenig Plattenzugriffe (I/O) durchgeführt werden, ist bei performancekritischen Anwendungen eine häufig anzutreffende Anforderung. Auch bei APEX-Applikationen kann es sehr sinnvoll sein, sich mit Datenbankobjekten und dem Hauptspeicher auseinanderzusetzen. Diese Technik nennt man auch Pre-Loading oder Pre-Caching von Datenbankobjekten.

Die Durchführung (more...)

E’ uscito il #6 del Customer Concepts Magazine

E' uscito l'ultimo numero del Magazine dedicato alle più innovative tematiche in ambito CRM. In questo numero:

The MAGIC Questions

Almost every week Roy, Carol and I receive one or more emails in the following style:

"Hey, we (or my customer) plan(s) an upgrade to Oracle 11g. We (or the customer) wants zero downtime. Currently we (or they) are on AIX with Oracle 10g (and someold  9i) databases. Can we (more...)

Featured ISV: WeDo Technologies

WeDo's Bruno Marques describes how the competitive advantage of Oracle Exadata lowers customer costs.  Watch the video

By optimizing RAID to run on Oracle Exadata Database Machine, WeDo Technologies is able to deliver improved performance, lower storage requirements, and increased scalability.  Read the eBook.

Save The Date: FY14 Oracle PartnerNetwork Kickoff — June 25, 2013 – 17:00 UKT, 18:00 CET

Join us live online for FY14 Oracle Partner Kickoff. Oracle executives will address the needs of today's IT buyer and share how to sell effectively to CTO's, CIO's, CMO's and more. Mark your calendar for June 25, 2013 at 17:00 UKT, 18:00 CET. Register Now.

Announcing Oracle General Product Support Specialization Training

Oracle is pleased to announce the availability of the new General Product Support Specialist Guided Learning Path (GLP) for Oracle PartnerNetwork (OPN) members. The General Product Support Specialist GLP is applicable to all Oracle products, and will provide you with a core understanding of Oracle Premier Support components, support best (more...)

Welcome to the Spring edition of Oracle Scene

In this digital edition find out what a Server Administrator needs to know about Oracle ADF. Read about the history of using database clones to improve application development and the technical advances of thin provisioned clones. As shared services centers in the finance area are increasingly becoming mainstream establishments for (more...)

Oracle Database Appliance- Revised Last Order Date

Read here the announcement.

New Analyst Report: ZFS Is Application Integrated Storage

Industry analyst Marc Staimer, frequent speaker and author for TechTarget , recently issued a new research report that highlights how the era of general purpose storage such as NetApp FAS and EMC VNX is coming to an end, while Application-Integrated Storage led by Oracle’s ZFS Storage Appliance is addressing the (more...)

Industry Presentations SOA & BPM

At our SOA Community Workspace (SOA Community membership required) you can find the latest SOA & BPM Industry Presentations. If you have clients in one of the following industries, make sure you take a look at the presentations to get new ideas on how to position SOA & (more...)

Oracle Social Network: Collaboration in the Cloud

 

WebCenter Product Marketing Team Blog

Are your sales teams disconnected and unengaged? Do you need a tool that can easily engage expertise across the organization and provide visibility into all the relevant business processes and activities? Do you want to work more efficiently with your partners and know your (more...)

Exadata Database Server Patching using the DB Node Update Utility

Today the 'DB Node Update Utility' (dbnodeupdate.sh utility) has been made available. The 'DB Node Update Utility' automates all the steps and checks to upgrade Oracle Exadata database servers to a new Exadata release and replaces the manual steps. The dbnodeupdate.sh utility includes the latest best practices and (more...)

【ライブ・ウェブキャスト】 Introducing Java EE 7 6月12日/13日開催!

6月12日(水)、13日(木)にかけて、米国オラクルにて、「Introducing Java EE」というライブ・オンラインセミナーが開催されます。

イベント概要ページはこちら

同一内容で2日間(2回)繰り返し実施されます。日本にお住まいの皆様は、6月12日(水)深夜1:00から、または、6月13日(木)13:00から視聴することができます。

基調講演の後、新しいJSR(Java Specification Request)についての15のブレイクアウト・セッション(各15~20分)をオンデマンド形式で受講できます。また、Java EE 7エキスパートとのライブチャットも行われます。

ブレイクアウトセッションで紹介されるJSRは3つのテーマに分かれています。

■Scalable, Dynamic HTML5 (スケーラブルでダイナミックなHTML5)
 JSON/ WebSocker1.0/ JAX-RS 2/ JFS 2.2/ Servlet 3.1

■Meeting Enterprise Demands (エンタープライズの要求に応える)
 Batch 1.0/ Concurrency 1.0/ JMS 2/JPA 2.1/ Admin Console/ EL 3.0

■Increasing Productivity (生産性の向上)
 EJB (more...)

关于正则表达式

| May 26, 2013

Oracle在10G之前的版本,对于字符串的处理有很大的局限性。ORACLE 10G引入的正则表达式的函数 ,对字符串的处理有了极大的提
高。接下来会给大家介绍相关函数的语法,以及通过一些简单的例子来说明正则表达式的应用。



请在此链接下载全文:  关于正则表达式


参与此主题的后续讨论,可以访问我们的中文社区,跟帖分享 : 关于正则表达式

Java SE バージョン番号割当て方法の変更のお知らせ

以下のお知らせは、米国OTNサイトに掲載された記事の抄訳になります。原文を参照したい方は、こちらからどうぞ。


Java SE  バージョン番号割当て方法の変更

オラクルは、今後予定しているJava SEのリリースを対象に、リリース番号の割当て方法を変更する予定です。

最近のセキュリティ・リリース増加によって、番号を飛ばして取ってしまっているために、リリース番号の再割当てが必要となっています。(※1)そこで、リリース番号の再割当てによる混乱を避けるために、新しい番号割当て方法を採用することにしました。

■ 概要

JDK 5.0の初期リリース以降、Javaの更新に関するリリースは、新しい機能のみでセキュリティに関する修正を含まないLimited Updateか、またはセキュリティ上の脆弱性に関する修正のみを含むCritical Patch Update(CPU)のいずれかとなっています。

JavaのLimited UpdateとCPUのリリースは今後も引き続き提供していきますが、これらのリリースに対する番号の間隔と割当て方法は変更されます。

  • Limited Updateには、20の倍数となる番号が割り当てられることになっています。
  • Critical Patch Updateは、奇数を引き続き使用していきます。番号は、前のLimited Updateに5の倍数を足していく方法で計算されます。結果が偶数になってしまう場合は、奇数にするために1を足します。


もっとも分かりやすい例を、以下に示します。

JDK 7の次のLimited Updateには、7u40と番号が付けられ、その後で提供される3つのCPUの番号は7u457u517u55となります。次のリリースでは、Limited Updateは、7u60 となり、その後、7u657u717u75と続きます。

この番号割当て方法では、リリースの間にいくつもの空き番号が残されるため、複数のリリースを挿入することができます。たとえば、複数のセキュリティ・アラートやサポート・リリースが必要になった場合でも、それよりも後のリリースの番号を変更する必要がありません。

■よくある質問

Q. この変更によって、JDKのどのバージョンが影響を受けるのでしょうか。

A.
オラクルは、この新しいバージョン番号割当て方法を、JDK 5.0、JDK 6、JDK 7に対して使用する予定です。Oracle JDK 7はOTN Java SE Downloadsページで提供される予定で、エンドユーザーはJava.comから最新のJava 7を入手してデスクトップにインストールできます。JDK 5.0とJDK 6はMy Oracle Supportから入手できますが、サポート・ライセンスが必要です。

Q. これは、長期的な解決策になるでしょうか。

A.
この解決策は、将来のJavaリリースに対応した予測可能なリリース番号を作成するための妥協案です。セキュリティ・アラートに対処するために必要な計画外のリリースで利用できるバージョン番号を残しておくことによって、既知のバージョン番号に1つの"更新"番号を追加するだけで、システムの下位互換性を維持できるようになっています。これが影響を受けるバージョンでの新基準となります。

より洗練された解決策ということであれば、さまざまな種類のリリースに対応できるようにJDKのバーション書式を変更する必要があります。ただし、既存のコードとの非互換性を回避するために、バージョン文字列の書式変更はJavaの将来のメジャー・リリースで実施することになっています。これは、ソフトウェア開発者がこの変更に対処する準備ができるように、文書化と周知のための十分な時間を確保する必要があるからです。

Q. なぜ今、変更が必要となったのでしょうか。

A.
この番号割当て方法は、以下のことを目的としています。

  • bugs.sun.comシステムで、特定のリリースに対して修正/機能拡張を割り当てられるようにします。これを実現するためには、計画されているリリースのすべてに対して予測可能な番号を割り当てなければなりません。
  • 既存のコードがバージョン文字列を正しく解析できるようにします。つまり、これまでと同じ書式に従う必要があります(例: 7u44は認められるが7u44-2は不可)。
  • 計画外のリリースに対応するために、空き番号を残します。これと、上記の予測可能な番号という要件の組合せによって、計画されたリリースの間に"空き"番号が必ず残されるので、計画外のリリースに対応できるようになります。


Q. OpenJDKとbugs.sun.comシステムを使用していますが、他にどのようなことを知っておく必要がありますか。

A. 7u14に対応するバグ情報はすべて、7u40に再割り当てされています。


Q. セキュリティ・アラートでは、常に奇数を使用するようになったのでしょうか。

A. セキュリティ・アラートの番号は奇数で、必要に応じて偶数となります。


※1:Java SE 7およびJava SE 6のアップデート・リリース番号に関する変更

原文の最終更新日: 2013年5月6日