Java Magazine 日本版 Vol.21発刊 ★Java誕生20周年記念特集★


Java Magazine日本版 Vol.21(US May/June Issue)が発刊されました。

今月号は、Java 20周年記念特集として、JVMの20年の歴史と未来のJavaの方向性について、Javaの発展に貢献してきた開発エンジニアたちが語ります。

JAVAの達人に聞く
~Javaの達人たちが語る、過去もっとも驚いたことと今後のイノベーションについて~

「言語開発の過程において、"深淵を越える(キャズムを越える)"ということは、その言語のファンや愛好家だけが利用しているニッチな状況を脱出し、 主流プログラミング言語へと歩み始める段階を指します。そしてJavaはキャズムを越え、今も主流言語として成長し続けています。 本記事では、過去20年のJava関連の仕事でもっとも驚いたことと、Javaの近い将来の見通しについて、Javaの開発にかかわってきたトップ・エンジニアたちに聞きました。」

【その他の注目記事】

・JPAの新機能
  - 属性変換、スキーマ生成、拡張SQL問合せなど、多くの改善点が目玉となるJPA 2.1

・Raspberry PiとJavaでコーヒーを入れる
 - USB重量計と通信してコーヒー豆の重さを正確に量り、完璧な一杯を

・Contexts and DependencyInjection: 新しいJava EEツールボックス
 - 依存性注入で強い型付けを利用する

・Microsoft Kinectを使用した簡単なピンポン・ゲームの作成
 - Greenfootを利用してより楽しくJavaからKinectを操作する

・開発者として1段階上のキャリアを目指すためのアイデア
 - コードを学習し、カンファレンスに参加して人脈を構築する

・JCPの内部でJavaを支える
 - Javaでシステムを構築するメリットと、JCPが貢献してきたJavaプラットフォームの進化について

・ディープ・ラーニング
 - ディープ・ラーニング・テクノロジーを研究所から企業へ

・人型ロボットを操作する  - Java NAOqi SDKによるプログラミングでロボットを走らせる


音声の指示に従ってロボットを自在に歩かせるデモ動画をページ内でご覧いただけます。

>> PDFで読む

>> eBookで読む

Presentations on JUG

Presentations on Concurrency GC and Completable Future done in last JUG:

http://files.meetup.com/3189882/CompletableFuture.pdf

http://files.meetup.com/3189882/JUG_Concurrent_GC_Jul2015.pdf

Happy reading !! 

Oracle OpenWorld + JavaOne 2015 – Important Updates

You can save $500 off the onsite conference prices by taking advantage of Early Bird registration. Now open through August 16.